« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月21日 (木)

タイレストラン「ピッチーファー2th」

このところ、さわやかな秋空が続いて気持ちがいいですね~

昨日、先月購入した、車が我が家に納車されました。

ずっとペーパードライバーだった私は、これを機に運転の練習を始めようと、さっそく近所を1周してみましたが、都内の運転は田舎育ちの私にとっては思っていた以上に神経を使います。道が狭い上に、歩行者やバイク、路駐の車もあって・・・

とにかく、練習を重ねて慣れることが一番!!

努力あるのみです。安全運転で頑張りたいと思います。

さてさて、今日紹介するお店は新宿にある有名なタイ料理レストラン「タイレストラン・ピッチーファー2th」。

本店が小滝橋通り沿いにありますが、私が行ったのは小田急ハルクの裏手にある支店のほうです。

ここは、テレビや雑誌で紹介されたり有名人もよく来るそうです。

私が食べたのは、「パッタイ」「ココナッツとレモングラスのスープ」(←名前が微妙)「グリーンカレー」とあと名前は忘れましたが牛肉のステーキみたいな料理です。

スープは、結構辛いですがココナッツも入っているのまろやかな口当たりです。けっこうおいしかったです。

カレーは、一緒に言った友達曰く、「どろどろしすぎ~」と言ってました。タイ風カレーですからさらさらのカレーを求めていたようです。でも味は、おいしかったです。

残念だったのが「パッタイ」。これはタイ風やきそばなんですが、味が薄いのと麺がくっついてしまっていて・・・残念でした。でもナンプラーをかけて食べたら味はよくなりました。

お店は、雑居ビルの5Fにあって中は、椅子と机が並んでいるだけの殺風景な食堂みたいな感じです。奥に座敷があるようですが、そこは使われていませんでした。

大人数で予約した時などは、座敷の方が落ち着くと思います。

話題のお店なので、機会があったら1度行ってみてください。。。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年9月19日 (火)

祭りだ~!!

昨日までの3連休、九州地方では台風が直撃してかなりの被害が出ているようで心配ですね。

ニュースで見ましたが、目の前に幅200メートルの竜巻が迫ってきたら自分は一体どうなってしまうんでしょう?!

きっと恐怖のあまり逃げるにも動けなくなってしまいそうです・・・

9月は台風の多い時期なので、他人事じゃ済まされないですよね。

この連休、新宿では、それぞれ地域で秋祭りがありました。P9170633

私の住む北新宿でも立派なおみこしを担いで、町内中を回ります。

我が家でも家族中、総出でおみこしを担いでいるんですが・・・

私は、昔からここに住んでいたわけではなかったので、なかなかこの下町的な祭りの雰囲気どうも苦手で、毎年ブルーになります。

今年は、祭り好きの友達が遊びに来ていたのですがさすが江戸っ子(彼女は東京目黒出身)「担ぎたくなってきた~」っと言ったかと思ったら上から下まで急遽すべて買い揃え、飛び出して行きました。

もちろん私は、到底理解できず写真係に徹していました。

途中から大雨が降ってきて、こっちはいい加減にやめてほしかったにもかかわらず、その雨がさらに担ぎ手の人達を盛り上げてしまっているような・・・

とにかく、今年も何とかこの憂鬱な1日が過ぎ去ってくれたことにホッとしたところです。

彼女は、来年も「必ず担ぎに来ると」言い楽しかったようで何よりです。 P9170645

こんなこと言ってたら罰あたるかも^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月14日 (木)

NEWオープンのお店

今日は、南口に新しくオープンしたお店を紹介します。

場所は、南口を出てルミネ2の1階に出来た「BARBARA PORTABLE(バルバラ・ポータブル)」というお店です。

昨日、友達と待ち合わせまでの間、少し小腹が空いたので軽く食事が出来る所を探していた所にちょうど発見しました。

ここは、すべてセルフサービスになっていて、入ったらまず座る席を確保してからカウンターに並んださまざな料理を好きなだけ自由に取って食べることができるスタイルです。

メニューは、おにぎり(種類も多く凝った中身になってます)やパスタ、グリル系(ハンバーグ、ローストポークなど)温かいスープ4種類ぐらいなどありました。

他にも、サラダ、生春巻き、お惣菜、デザートのケーキまでありました。

私は、野沢菜のおにぎりと生春巻きを食べました。味はなかなかおいしかったです。

でもちょっと高いかな~って言うのが残念です。

店内は女性客が多く、一人で食べている人結構いました。

一人でもさっと入ってぱっと食べて済ます時などには使えるお店です。

もちろん、お茶しながらまったりできる落ち着いた雰囲気です。

ちなみに夜は、プラム(梅酒)バーになってるそうです。

皆さんも、小腹空いたけど時間があまりないときなどにぜひ使ってみてください!!

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年9月11日 (月)

癒されました・・・

こんにちは。暑さが戻ってじめじめした蒸し暑い週末でしたよね~

そんな中、先週の土曜日は、私の夏の恒例行事『SMAP』の夏のコンサートに行ってきました。

場所は国立競技場で近かったんですが、この蒸し暑さと、6万人の人、人、人の数でクラクラしました。

『SMAP』のコンサートは、5~6年前に初めて友達に連れて行ってもらってからハマリ、特にファンというわけではないのですが、彼らのコンサートは他の歌手とは違って、エンターテイメント的要素が強い、わかりやすく言えば、初めて行っても子どもから大人までかなり楽しめる構成になっているような気がします。

そんなわけで、蒸し暑い中おもいっきり楽しんできました。(^^♪

さてさて前置きが長くなりましたが、今回紹介するお店は、西口にある「新宿西口整体治療センター」というところにマッサージをしに行ってきました。

姿勢が悪いのが原因だと思うのですが、肩と背中が最近特にしんどくなってきていたので久しぶりにマッサージへ。

インターネットで事前に調べたところ、初回のみ『全身整体45分』\3000だったのでお試し価格ならお手ごろと思って早速行ってみました。

西口の繁華街の怪しい雑居ビルの3階にありました。ビル自体がたぶんすごく古いんだと思うのですが、入り口の階段を上がっていくのはちょっと勇気がいるかも・・・^_^;

でも、入った部屋の中はきれいだったので安心してください。

中国人のお姉さん2人が受付に居て、その一人が私の担当をしてくれました。

私は、力の強い人にやってもらう「痛気持ちいい~」が好きなので女性の担当でちょっと心配しましたが、想いのほか力の強いお姉さんでビックリしました。でも気持ちよかった♪

(もちろん加減を併せてくれるので弱めでも大丈夫です)

全身、うつ伏せと仰向けと丁寧にやってくれたのでとても満足です。

時間も私が時間を見た限りでは、60分近くやってくれたように思います。

みなさんも、機会があったらぜひ一度行ってみてください!!

http://a-shinjuku.com/osusume/s_seitai/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 5日 (火)

激ウマ!! キンパプ

私の好きな韓国料理のナンバースリーに入るのがこの「キンパプ」。

わかりやすく言えば、「韓国風海苔巻き」です。

これが、すごくおいしいんです。はじめて「キンパプ」を食べたのが、前にも紹介した店『梁の家』で飲みのつまみに頼んだのがきっかけです。

もともと、日本の海苔巻きがあんまり好きではなかったので(酢飯がちょっと・・・)、友人が注文した「キンパプ」を期待せずに食べてみて初めての味に感激しました。

まず、ご飯が酢飯じゃない普通の白ごはんです!!しかも、卵、たくあん、かにかま、ハム、ナムルみたいな野菜とかすごく具沢山だし、極めつけは海苔が韓国のりで巻いてあるというところです。ごま油の風味が最高ですね。

キンパプの説明が長くなってしまいましたが、そこで私がおすすめしたいお店が、職安通りにある『明洞のり巻き』というお店です。

ここが出来る前までは、屋台で作り置きしているキンパプを買っていたんですが、ここが出来てからは注文すると、その場作ってくれるのですっかりここがお気に入りです。

いろいろな種類がありますが、私がよく食べるのは、「のり巻盛り合わせ」です。

明洞のり巻、黒米のり巻、ヌードのり巻の3種類が入っています。

でも中身が全部一緒なので、いろんな種類を食べたい人は、チーズ巻きやツナ巻き、プルコギ巻き、てんぷら巻きなどいろいろ頼んでみるのもいいかもしれませんね・・・

のり巻きは、一口サイズなので、1人前はペロッといけてしまいます。

この間、甥っ子達に買って行ったら「おいしい、おいしい」とパクパク食べてましたよ。小さな子どもでも食べやすし、辛いものは何も入ってないのでおすすめです。

ちなみに、韓国人の友達が「キンパプ」は学生時代、遠足の定番メニューだったそうです。

このお店、出来た頃はあまりお客さんが少なかったんですが、最近口コミで広がったのか、結構混んでる時もありますよ。

ラーメンとか餃子とかちぢみとか比較的リーズナブルな韓国料理が食べられるので、一人でも入りやすいお店です。

いつもテイクアウトばかりなので機会があったら、お店で食べてみようと思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »